修理が必要となる水漏れする場所はたくさんある

修理が必要となる水漏れする場所はたくさんある 水を使う場所に付いて回るのが、水漏れトラブルです。水が漏れないようにと設計製作されていますが、詰まったり部品が劣化するなどの理由によって、次第に水が漏れやすくなってしまいます。何十年も使える設備もあるので故障することはないと思ってしまいがちですが、万一の時のことも考えておかないとトラブル発生時に上手く対処することが出来なくなってしまいます。
もしも、水が漏れている個所を見付けた時は、早急に修理しなくてはなりません。そのまま何もしないと、建物や室内に置いてある品物に甚大な被害を及ぼしてしまいます。さまざまな場所で水が漏れる可能性があるので、普段から問題はないか注意しておく必要があります。

■キッチンや洗面所の水漏れ

キッチンや洗面所では、蛇口や止水栓、排水トラップなどの部品の劣化や故障などが原因となって水が漏れてしまうことがあります。水が漏れている可能性がある時は蛇口をしっかりと閉めて、それでも水が漏れるかを確認します。水が漏れているようであれば、どこから漏れているかを調べます。
蛇口付近だけではなく、キッチンや洗面所の下で水が漏れていることもありますので、慎重に調べなくてはなりません。水が漏れた時のための専用テープなどを使って応急処置もできますが、根本的にトラブルを解決するためには業者に修理を依頼する必要があります。キッチンや洗面所は毎日使う設備ですから、一時的な処置をして放っておかず、しっかりと修理しておきましょう。

■お手洗いや風呂場
お手洗いや風呂場も部品の劣化などにより、水が漏れやすい場所です。やはり蛇口を閉めて水が漏れていない確かめる必要がありますし、床や壁から水が漏れていないかも調べなくてはなりません。調べる個所が広範囲に及ぶので大変ですが、丁寧に調べる必要があります。
蛇口を閉めているのに水か流れている音がしていたり、常に湿った個所があるかなどによって、水が漏れているかをチェックすることができます。お手洗いや風呂場は家族全員が使うものですから、誰かが異常に気付いた時は他の人も伝えてすぐに修理するようにしなくてはなりません。お手洗いや風呂場にトラブルが発生すると大量の水が漏れてしまいますので、他人任せにしないで問題を見付けた人が率先して対応することが大切です。

■水道管の水漏れ

水道管が見える場合は水が漏れているのがすぐに分かりますが、建物内部にある部分は見ることができないので厄介です。見えない部分については、周囲の壁や床、土などが濡れいているかで水漏れを判断できます。さらに、毎月の水道料金が何時もよりも高くなっていれば、水道管などから水が漏れている可能性があります。
大量に水が漏れているのであれば全て蛇口を閉めて一切水を使わない状態にしてから、水道メーターが動くか確認する方法も有効です。水を使っていないので水道メーターが動く筈ありませんが、それでも動くのであればどこかに水が漏れている個所があります。水漏れの個所は分かりませんが水が漏れている可能性が極めて高いので、業者に調査と修理を依頼しましょう。排水管のトラブルの場合は、イヤな臭いがすることでも漏れているのが分かります。

■まとめ
このように、建物内の色々な場所で、水が漏れることがあります。定期的に掃除やメンテナンスをするとともに、異常がないか常に注意をすることが大切です。
長期間トラブルに気付くことができなかったり、気付いても忙しいからと何もしないでいると被害が大きくなって修理のための費用も高くなってしまいます。早い段階でトラブルを発見すれば被害も小さくて済みますし修理も簡単に行えますから、問題が発生した時はすぐに対処することが重要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース