キッチンの水漏れ修理箇所は目に見えない部分にも多い

■目に見える蛇口の水漏れ

キッチンには給水管や排水管が複数繋がっているのですが、目に見えない部分が多いのが特徴です。そんな中でも数少ない目に見える部分が蛇口です。蛇口は複数の部品が使用されており、多少複雑な作りになっています。そのため、自分で修理できる場合とできない場合があるのです。よくあるパッキンの劣化であれば、自分で部品を購入してくれば交換することができるでしょう。
しかし、パッキンを交換しても水漏れが直らない場合には、部品の劣化が考えられます。他にも自分で修理できるところもあるのですが、逆に状態を悪化させてしまうこともあるので、無理をしないで専門家に任せてしまうのがよいでしょう。長年使用している場合には、キッチンの水回り全体を見てもらうのもおすすめです。

■シンクや排水口の劣化

特に水漏れしている箇所がないのに、シンク下にある収納を開けたら、上から水がポタポタと落ちている場合には、シンクか排水口に原因があると思ってよいでしょう。排水口とシンクの接続部分にもパッキンが使用されています。こちらは蛇口とは異なり、自分で交換するのが多少難しくなっています。シンク下収納の中にあるホースから水が滴っている場合は、排水口に原因がある可能性が高いでしょう。
発見したらまず応急処置を行い、業者に連絡をして修理に来てもらいましょう。キッチンは普段からよく水を使用するところなので、部品による劣化が激しくなるのは当然だと言えます。滅多にありませんが、シンクに穴が空いている可能性も考えられるので、念のためこちらも確認しておくとよいでしょう。

■蛇腹ホースから水漏れ
キッチンの排水口から流れ出た水は、シンク下の収納部分内に設置されている蛇腹ホースを通って下水道へと流れていきます。蛇腹ホースは金属でできている場合もあるのですが、プラスチック製の物を使用されていることが多いでしょう。プラスチックは金属に比べて劣化が早いので、トラブルが発生しやすくなっています。もちろん金属でも年月が経過すれば劣化してきます。
亀裂が生じた場合には、応急処置をしてもあまり意味がないので、新しい物に交換する必要があります。業者の人が来るまでは、テープなどで一時的に水を食い止めておきましょう。ガムテープを使うのではなく、ビニールテープを使った方が効果的です。止水弁の場所が分かる場合には、不便ではありますが一時的に締めておくべきでしょう。


クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ