混合水栓で水漏れが起きたら早めに修理を依頼しよう

■蛇口にもいろいろな種類がある

家の中を見渡してみると、水を使う場所それぞれに蛇口の形が違うことに気づきます。毎日何気なく使っていると意識することはありませんが、蛇口で水のトラブルが起きたりすると、蛇口の種類によってトラブルの状態や改善法などにも違いがあるとはじめて知ることもあります。
水を止めるために蛇口のレバーを下げたのにいつまでも水が滴りおちたり、以前に比べて水の出方が弱かったり逆に強すぎるなどの症状はでていないでしょうか。蛇口そのものがガタガタ緩んでいるような場合も水回りのトラブルのひとつと言えます。
蛇口がある場所といえばキッチン、バスルーム、洗面台、洗濯機置き場、トイレ、庭にある水栓などもそうでしょう。これらそれぞれでトラブルが起こる可能性があることを頭の片隅に置いておかなければいけません。

■蛇口の種類

蛇口にはさまざまなタイプがある中で、例えばキッチンを例に挙げると単水栓と混合水栓があります。単水栓と呼ばれるタイプは、水を出したり止めたりするときに蛇口をひねるタイプの蛇口です。シンプルな造りなので単水栓と言われています。お湯は出ません。
混合水栓は、水とお湯の両方がでるタイプの蛇口です。また、この混合水栓にも種類があって、ひとつはツーハンドル、もうひとつはシングルレバーです。水がでるハンドルとお湯が出るハンドルの役割を果たすのがツーハンドルで、それぞれ1つずつ、合わせて2つのハンドルがついているタイプです。シングルレバーは水やお湯を出す時に1つのレバーを使うことで調節できるため、湯温も適温に調節することができます。

■蛇口から水が出る構造
蛇口をひねったりレバーやハンドルを上下した際に水の勢いがいつも通りで、水を止めるときも水漏れが起きていなければ特に問題はありません。
蛇口の中にはパッキンと呼ばれる部品が使われています。もしもパッキンが劣化によって壊れてしまうと、蛇口をしっかり締めてもハンドルやレバーを元に戻しても水漏れが起きてしまいます。こうなると修理が必要となるため、自分で交換できないのであれば専門業者に依頼することになります。部品を交換するだけのケースが多いため、修理代もそれほど高額にはならないでしょう。
ただし、蛇口そのものに問題がある場合は、部品交換ではなく蛇口を丸ごと交換する必要があるため、部品交換よりも若干料金は高くなります。実際に交換作業や修理を行う前に見積もりを出してもらえるので、そこで作業内容や修理内容、料金を確認しておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ