混合水栓から水漏れが起こった場合の修理方法

■必要な工具と水漏れ箇所のチェック

混合水栓の水漏れ修理を自分で行うのであれば、まず工具を準備する必要があります。ナットの取り外しや取り付けに必要なプライヤー、蛇口を外すために使用する水栓レンチなどがなければ話になりません。他にも六角レンチやドライバーがないと修理ができない種類もあります。
ドライバーはプラスだけでもよいですが、精密ドライバーがあると安心できます。必ず必要ではありませんが、ピンセットがあると作業や行いやすくなるでしょう。
工具を揃えたら、今度は水漏れをしている箇所を調べなければいけません。注意して確認するべき場所は、シングル混合栓になっているならば、レバーの接続部分やスパウトの上と下をチェックしましょう。ハンドルが使われているツーバブル混合栓であれば、スパウトの付け根部分と吐水口周辺をチェックしてみましょう。

■シングルレバーの混合水栓を修理

シングルレバーの混合水栓を使用している場合、まずレバーを取り外しましょう。次に本体をしっかりと固定し、ナットを緩めていきます。ナットの緩みが原因で水漏れしている可能性もあるので、一度確認してみましょう。改善されなければパッキンやバルブの劣化が考えられるので、しばらく何もしていないようなら交換してみるべきです。
スパウトの上や下から水漏れしているならば、周辺の状態をよく見てみましょう。元に戻すときにはゆっくりと丁寧に行い、接続不良などの不具合がないように注意しながら行います。
もし排水管との接続部分に異常がある場合や、故障箇所を断定できないときには、自分で改善するのは難しいので修理の依頼を業者に行うことも検討しましょう。

■ハンドルの混合水栓を修理
最近はシングルレバーの水栓が多いですが、建築されてからの年数が長い場合には、ハンドタイプルの混合水栓を使っているところもあるでしょう。修理をするならまずナットから取り外す必要があります。ナットはモンキーレンチやプライヤーを使えば簡単に取り外せます。これだけでパッキンの交換が可能になるので、水がナットの部分から少しずつ出てくるような状態であれば、新しい物に交換してみましょう。
それでも改善できないときには、スパウトの不具合が考えられます。吐水口部分から水漏れが確認されたのであれば、ハンドルの上部にある蓋を取って、ビスを回せばバルブが簡単に外れます。キズや劣化が見られる場合には交換し、ごみの詰まりがないか確認します。これだけ行っても改善されないのであれば、水道屋まで依頼するのが適切な方法です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ