水漏れの修理で活かされる職人の技術

■専門的な知識も必要な修理

水漏れの修理をする場合、専門的な知識が必要な場合が出てきます。順番に解体していき、部品を交換する程度であれば、順番に組み立て直せば済んでしまいます。しかし、どの場所でもこうした方法だけで直るわけではありません。外してみたら、構造が複雑でわからないときもありますし、単純に故障個所の判別がつかないときも出てきます。
水はほんのわずかなすき間からでも漏れてくるため、適切な判断ができなければ修理につながりません。最近では、電気を使った製品も増えてきていますし、給湯器のようなガスなどのエネルギーを使い、複雑に作られている設備もあります。見えない場所にある排水管などは、いちいち床や壁を壊して検査するわけにもいきません。ここで大切になるのか、これまで積み重ねてきた経験と実績であり、そこから導かれる結論で修理の方法を検討できる職人の腕です。

■経験から導き出される切り分けの違い

経験があれば、水漏れしている箇所から、問題がありそうな場所を推測できます。知識があるため、いったいどの辺がトラブルを起こしているのか、見当をつけられるのが職人です。
この繰り返しをしていくと、原因箇所の切り分けを進められます。切り分けが進んでいくと、やがて原因の場所にたどり着きますが、知識や経験がないと総当たりでやっていかなければいけません。それも原因にならない箇所を調べている可能性もありますし、原因になる場所を見逃して切り分けしている状況に陥っていることもあるでしょう。
水回りの設備は、ほんのわずかな見逃しも水漏れにつながる可能性があります。そこで活きるのが職人の技術となるため、修理の方法がわからないときには、依頼するようにしましょう。

■修理で頼りになる存在
職人の修理技術が活きるのは、非常に細かな作業のときもあります。水回りの部品は大きな物ばかりではありません。小さな部品で構成されている部分では、ピンセットなどを使って取り外しする場合もあります。
道具の使い方として熟練しているのも違いになるでしょう。汎用的なドライバーやレンチならだれでもわかるとしても、パイプ専用の道具となれば見ただけでわからないものもあります。力のかけ方次第で固定できるパイプレンチなどは、一般家庭にあるようなものではありません。このような道具が必要な場合でも、職人に任せておけば水漏れの修理をしてくれるでしょう。それだけ頼りになるのが、職人という存在です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ