水漏れの修理は場所によって方法が異なる

■もっとも簡単な蛇口の水漏れ修理法

水を多く使う場所は、経年劣化によって水漏れを起こしやすくなります。長年使用していなくても、圧力の高い配管は地震や凍結などで破損しやすいと言われていますから、ある程度自分で修理できる方法を知っておくと安心です。

もっとも多い蛇口の水漏れを修理する場合、モンキーレンチやドライバーなどを使用します。蛇口にはシングルレバー混合水栓とハンドル混合水栓の大きく2種類に分けられます。前者はレバー1つで上下左右に動かして水やお湯を出します。後者は昔からあるタイプで、冷水と温水の2つが付いているのが特徴です。

シングルレバー混合水栓の場合、レバー下やスパウト周り、止水栓接続部分や吐水口を確認しましょう。一番水漏れが多いのはレバー下になります。バルブカートリッジを交換することで漏れを防ぐことができるでしょう。ハンドル混合水栓は単純で壊れにくいので方法は省略しますが、原因はパッキンやコマに多いと言われています。

■各場所の修理方法

トイレも水漏れの多い場所です。主にタンクや便器などから水の音がしてきますが、修理する場合は正しい知識と方法で行わなければいけません。まず最初に止水栓を締め、どこから水が漏れているか確認します。配管から漏れている場合は、接続部分のパッキンを交換することで防げます。便器内やタンク内は浮き玉の調節やフロートバブルを定位置に戻す、ボールタップを新調するなどで改善できるでしょう。

キッチンの水漏れは、劣化と破損がもっとも多いと言われています。蛇口は10年以上経っていれば業者に依頼して修理してもらうのが賢明です。止水栓はすぐに止めておきましょう。排水栓はもっとも厄介なので、自力で修理するよりもプロにお願いしたほうが安心です。

修理方法は場所によってさまざまですが、自分でできる場合とそうでない場合があります。

■水漏れの原因が分からない場合
水漏れが起こっているのは分かるけれど、原因が分からないという場合、いくつかの方法で対処できます。一般的に止水栓を止めれば解決できると言われていますが、それでも水漏れが治まらないときは止水栓の水量調節や緩んでいる個所を締める、配管掃除をするといった方法を行います。あくまで応急処置のようなものですが、原因が分からない場合にとても役に立ちます。

止水栓は、軽度の水漏れを修理するときに有効です。ハンドルを右に回すと水量が減ります。緩んでいる箇所は、特に接続部分に多く、きつくならない程度に締め直すと水漏れを防ぐことができます。

配管の掃除は、排水口専用クリーナーで綺麗になりますが、パイプを取り外して中までしっかり掃除しましょう。それでも水が漏れる場合はプロに修理してもらってください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ