水漏れの修理に必要となる道具は

■家庭にありそうで修理に必要な道具

水漏れの修理をするためには、さまざまな道具が必要です。普段から家庭にあるものであれば対応も難しくありませんが、状況によっては専用の道具でなければ修理できないものもあります。基本的なものとしてはプラスドライバーやマイナスドライバーは、一般の過程でも基本的な工具として準備していることが多いでしょう。大きさにも違いがありますが、小さな部品が固着しているときにはがすのに便意なのが小さなマイナスドライバーです。ネジを外すときには、サイズがあったものが必要で、コンパクトなものよりも柄の太いもののほうが力がかかります。数種類用意してあれば、作業はかなりはかどるでしょう。
ナットをまわすときに使用する、モンキーレンチも基本的な道具です。サイズにあったスパナを用意できるのが一番ですが、複数の本数がなければ対応できないのが問題です。モンキーレンチの場合には、サイズをある程度自在に変化させられるため、水漏れの修理にも便利に使えます。

■ウォーターポンププライヤーとパイプレンチ

普段から工具として使う機会は少ないけれど、水漏れには便利なのがウォーターポンププライヤーです。プライヤーの一種で部材をつかむことにも使えます。配管を固定しておき、モンキーレンチで外すといった流れにも使えるため、必ず用意しておかなければいけません。
配管を交換しなければいけないときには、パイプレンチもあると便利です。パイプレンチは、より強力に挟み込むことができる工具で、しっかりと押さえることができます。ナットを外すこともできますが、あまりに力がかかるため、部材の強度が低いと壊してしまうことさえあります。1本あると便利ですが、ほかにはなかなか使う機会のない道具で、重量が重いため取り扱いには十分に注意しなければいけません。

■パッキンは種類が豊富
水漏れの修理では、パッキンを交換すれば直ることがあります。しかし、パッキンの種類は1つではありません。かなりの種類があり、使っている場所にあったものを利用しなければ効果を発揮できない部品です。ホームセンターでも簡単に手に入れることができますが、代用品ではサイズが合わないこともあるため修理に使えません。そのため、値段もかなり安い部品ですが、間違わないようにしなければいけません。古い機材の場合には、パッキンが手に入らないこともあります。交換用の部品が手に入らない場合は、設備そのものを入れ替える必要性もあるため注意が必要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ