水漏れの修理や補修をする時の注意点

水漏れしている個所を見付けたら、まず状況を詳しく把握することが大切です。どこから水が漏れているのか、どの程度の水が漏れるのか、何が原因なのかなどをできるだけ詳しく調べておきます。そうすると業者の修理作業もスムーズに進みますし、状況によっては自分で補修できる場合もあります。

■設備のことを理解してから作業する

自分で補修する場合は、補修する設備の詳細を理解しておく必要があります。部品が緩んでいるのが原因で水が漏れているのであっても設備の構造を正しく把握していないと、きちんと元の状態に戻すことはできません。設備のマニュアルを読んだり製造元に連絡したりして、構造を理解して適切な処置をするべきです。
もしも、設備の構造が良く分からない時は、自分で補修しようとせずに業者が来るまで待つのが一番です。良く分からないままいじってしまうと状態が悪くなることもありますし、修理できなくなる可能性も出て来ます。



■応急処置で十分だと思わない

補修用のテープなどを使う時は、蛇口や水栓などを閉めて水が来ないようにしてから作業を行います。補修が上手く行けば一時的に使用できるようにはなりますが、あくまで応急処置なので使用は控えるようにしなくてはなりません。
もう直ったと思っていつも通りに使ってしまうと、また水漏れするようになってしまいます。水漏れした個所を修理して問題なく使えるようにするのは、水道 修理業者を呼んで作業してもらうしかありません。




■まとめ
業者が来るまでの間に被害を拡大させないために、できることする必要はありますが、設備のことを理解していないのにいじってしまうと、状況を悪化させることもあるので注意が必要です。
水が漏れると慌てて冷静な判断ができなくなってしまいます。良く分からない、できないと思った時は、業者が来るのを待つようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ