水漏れのトラブルを早期発見し修理するための注目ポイント

■水漏れを発見するためのポイント

水漏れのトラブルが起きたときには、迅速に修理していかなければいけません。どんなことが起きているのか、原因を見つけ出す必要があります。
家庭の中で起きているときには、いくつかの発見のポイントがあります。本来水があるはずもない場所が濡れているようなケースです。水たまりになって表れてくる以上、そこには何らかのトラブルが存在しています。水漏れが発生している可能性も高く、原因を追いかけやすい状態です。
室内の場合には、水たまりができればわかりやすい反応ですが、屋外ではこれも見つけにくい条件です。晴れている日に水たまりができた場合などでは、その周辺の状況を確認し、トラブルがないか調べてみる必要があるでしょう。

■普段では見られない結露

過剰な結露が室内に見られるときも、水漏れのトラブルに注意しなければいけません。結露する理由から追って考えると、空気中の水分が一定量を超えて飽和したときに起きる現象です。水漏れしている場所の周囲には、常に水が存在することになります。これが空気中の湿度をあげてしまう原因です。
空気の水分の飽和量は、温度と密接な関係があります。温度が上がれば含まれる水分量も上がり、下がれば少なくなるのが基本です。窓ガラスなど冷えやすい場所にこの空気が流れていくと、空気中の水分が結露して付着します。
これまでに比べても、あきらかに結露が見られる場合には、周囲の水漏れを疑い修理もしていく必要があるでしょう。飽和するほどの水分があるというのは、カビにとっても好都合な環境になるため、健康の被害も出てくる前に対処が必要です。

■臭いが大事なきっかけになる
水漏れを発見するきっかけになるのは、臭いもあります。さまざまな臭いが生活の環境にはありますが、カビが発生すると普段では感じないような異変が出てきます。独特の臭いが発生してくるため、これをきっかけにして水漏れのトラブルを発見できるでしょう。
流れだした場所によっては、建材が腐食して臭いを出す場合もあります。かなり深刻な状態で、早期に修理しなければ、建物自体にも影響を与えかねません。
漏れてきている場所によっては臭いが出ることもあります。排水管にトラブルがあったときには、各設備で使われた水が流れ出している状態です。使われ汚れた水が流れれば、当然臭い出してくるでしょう。害虫を引き寄せてしまう原因にもなるため、気がついたときにはできるだけ早い対応が必要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ