水漏れ修理に使用できる道具はいろいろとある

■道具はどこで購入することができるのか

水漏れの修理を行うためには、まずは必要な道具を揃える必要があります。もし自分で直す場合には、どこで購入すればよいのかというと、最も簡単なのはインターネットを利用する方法です。インターネット上にあるお店は日本全国どこにいても使用が可能なので、近くに何も店がない場合は利用しましょう。
どの道具を使用すればわからないのであれば、インターネットで検索して調べてから買い物をします。インターネットに繋ぐ環境がない人や、近くにいろいろな店がある人であれば、ホームセンターで購入しましょう。わからないことはホームセンターの店員に尋ねれば、いろいろと教えてくれます。どこで購入する場合でも、基本的に水漏れ修理に使う物は一緒です。

■工具はいつでも使えるように揃えておく

水漏れ修理の際に必ず使う道具は、工具類です。工具類とは言っても種類が多いので、必要最低限の物だけでも揃えておくのがよいでしょう。それは蛇口に使用されているナットを緩めるのに使うレンチ、プラスドライバーです。プラスドライバーはハンドルを取り外すときに必要になるので、常に常備しておくとよいでしょう。レンチにはいろいろな種類がありますが、できればモンキーレンチが便利です。モンキーレンチは幅を自由に変えられるので、いろいろな蛇口に対応できます。
できればウォーターポンププライヤーもあると便利です。ウォーターポンププライヤーがあると、パッキンを抑えているナットを簡単に外すことができます。とりあえずこれだけあれば、簡単な水漏れ修理ぐらいはできます。

■あると便利な部品類
水漏れの修理を自分で行うのであれば、道具は工具類だけではなく、交換部品も一緒に購入しておくのがよいでしょう。交換部品も工具類と同じように、オンラインショップやホームセンターで購入することができます。では、何を買えばよいのかというと、交換用のパッキンは必ず購入しておくと良いです。なぜなら蛇口やナットの隙間から水漏れをした場合、大半がパッキンの劣化が原因です。
もし自分で購入する場合、自宅で使用しているパッキンの種類やサイズをきちんと確認しておきましょう。全く別の種類やサイズのパッキンを買ってしまうと、当然交換することができなくなります。そうならないためには、自分でサイズや種類の確認をしておきましょう。他にもシールテープやコマなども揃えておくと、いざというときに安心できます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ