水漏れ修理に役立つ道具

■蛇口の水漏れにおすすめの道具

水漏れの修理で必要になる道具はいくつかあります。どの個所が水漏れしているかによって使うものも変わってきますが、まずはどんな道具があるのか知っておくとよりスムーズに作業できるでしょう。
蛇口の水漏れは、一般的にレンチを使って行います。ひと口にレンチといってもいろんな種類がありますが、メインで使われるのはモンキーレンチです。名前だけ聞くといまいちピンとこないかもしれませんが、各家庭にひとつはあると言っても過言ではないほどよく使われる道具になります。水道の修理ではナットやボルトを締めるときに用いられ、サイズはさまざまです。
レンチにはトルクレンチと呼ばれるものもあり、こちらは締め付け度合いを確認するときに使われます。持っていなくても特に問題はありません。ピンセットもなくて良いものですが、細かい部品を扱うときに役立つのであると便利でしょう。
これらはすべてホームセンターで購入できます。

■水栓のタイプ別に使用する道具

基本的にモンキーレンチがあれば水漏れの修理はできますが、水栓のタイプによって使用する道具は異なるため、シーンに合わせて持っておくと安心できるしょう。水栓は大きく単水栓と混合水栓に分けられます。混合水栓にはサーモスタットタイプもあり、この中でもっとも簡単に修理できるのはやはり単水栓になります。パッキンを交換するだけで良いので、初心者でも行えます。モンキーレンチひとつで対処できるのも良いでしょう。場合によってはカートリッジの交換も必要になりますが、混合水栓に比べると単純です。
混合水栓は、ハンドルタイプの場合2つの蛇口で、サーモスタットタイプはハンドルで温度調整ができるようになっています。前者はハンドルを締めれば漏水しなくなるケースがほとんどですが、それでも漏れてくる場合はケレップやスピンドルが古くなっている可能性があります。新しいものに替えましょう。サーモスタットタイプも同じ方法で修理します。

■自分で修理するときの注意点
簡単な修理であれば、自分でも行えます。注意してほしいのは、簡単な修理でもリスクは伴うという点です。水漏れの場合、二次災害になるケースも少なくありませんから、技術がない方や不安な方は業者に依頼したほうが確実でしょう。
あまりお金をかけずに修理したいという方が多いと思いますが、故障してしまった場合、倍のお金になってしまう可能性もあります。蛇口を分解するのは、パッキンが劣化している、ナットが緩んでいる以外ほとんどありません。それ以外では補修テープで対処できますから、無理に分解しようとしないことも大切です。
道具を使うのは、補修テープで応急処置をしても漏れてくる場合になります。水を止めてもポタポタ溢れてくるなど、どうにもならないときは分解してパッキンやケレップなどを確認し、ひどい場合は必ず業者に依頼してください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ