水漏れトラブルの事案!修理の方法や流れを解説

■トイレの水漏れトラブルで多い事例

トイレで水漏れが起こる場所は、タンク、便器本体、ウォシュレットだけでなく、排水管や給水管など確認しにくい部分も挙げられます。修理が必要になるケースとして多いのは、排水管や給水管のパイプ類の劣化や、蓄積した汚れなどによって内径が狭まり、水が逆流するケースです。
タンクから水が漏れている場合は、給水管が開きすぎることで起こります。この場合も、各部パーツの経年劣化や緩みが原因と考えられます。タンク周辺をチェックして、漏れている場所を探しましょう。
便器本体から水が漏れるのは、便器本体がひび割れしていることや便器本体に水滴が発生する結露などが主な原因です。結露の場合は水漏れではないため、トイレの換気をよくすることで解消できる場合もあります。ウォシュレットからの水漏れは、水栓ノズルや給水パイプ、減圧弁の故障などが考えられます。

■キッチンの水漏れトラブルで多い事例

キッチンの水漏れトラブルで多いのは、シンクの下から水が漏れているケースです。10年以上使用しているキッチンの場合は、シンクと排水トラップのゴムパッキンが劣化することや、排水ホースの故障が原因で起こります。
特に水漏れがひどくなるのは、ホースが破れてしまった場合です。キッチンの水場が使えなくなるため、新しいホースとの付け替えが早急に必要となります。排水ホースの差込口が排水口よりずれていたり、ホースの長さが短いことなどによって漏れることもあります。
蛇口から水が漏れている場合は、蛇口そのものの損傷が原因です。キッチンの水回りや蛇口にはさまざまな部品が使われているので、自分で原因が分からない場合は業者に見てもらいましょう。

■水漏れトラブルの修理方法や流れ
パーツの破損など明らかに原因が分かるケースもあれば、原因が見つからないこともあります。パーツの交換であれば、自分で同じパーツを用意して交換することで修理費用を抑えることができます。
しかし、トラブルの原因が見つからない場合は、業者に依頼して見てもらうことをおすすめします。業者に修理依頼するメリットは、原因を確実に見つけ出して適切な修理がしてもらえることです。
まずは無料点検や無料サービスなどを利用して、かかる費用や手間を考えてから修理方法を判断すると良いでしょう。業者を選ぶときは、施工実績があることや、施工が終わった後にアフターサービスがあることも確認した上で選ぶことをおすすめします。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ